【ふるさと納税】佐賀牛すき焼き。赤味と脂身のバランス、脂の甘さとコク、すばらしいです。

こんにちは、節税サラリーマンです。

ふるさと納税の醍醐味のひとつは、地方のおいしい返礼品を堪能できることですよね。今回、「佐賀牛の切り落とし」を、返礼品として受け取りました。

佐賀県嬉野市より「佐賀牛の切り落とし」

佐賀県嬉野市さんありがとうございました。

こちら選んだ理由は、ふるさと納税サイト「さとふる」で月間人気ナンバーワンになっていたため、興味を持ち寄付を申し込みました。

さとふる月間人気ランキング

今年は11月から冷え込みがきつくなり、鍋モノが恋しい季節となりましたので、いただいた「佐賀牛の切り落とし」は、すき焼きにしておいしくいただきました。

ふるさと納税制度

■受け取った返礼品

佐賀牛 切り落とし1kgです。このような発泡スチロール梱包で届きました。

箱を開けると、佐賀牛が乗ったトレイが二つ。

これで「切り落とし」ですか?
かなり大き目に切られた佐賀牛が一切れ一切れが並んでいます。

黒字に金の「佐賀牛」の文字が映えます。

■佐賀牛のすき焼き、実食

節税サラリーマンの実家には数十年(少なくとも40年以上)使い続けている「鉄なべ」があり、すき焼きではこの「鉄なべ」を使うことが定番です

なべが温まってきたら牛脂投入します。じゅわ~~・・と音を立てながら徐々に脂が溶け出していきます。

鉄なべ全体に脂が行き渡ったところで、佐賀牛を投入します。「じゅーー」という音と、肉の焼ける香ばしい匂いがしてきます。ざっと火が通ったところで割下を注ぎ、水で少し薄めます。

その後、定番のハクサイ、長ネギ、シラタキ、もめん豆腐(子供のリクエストで焼き豆腐じゃない)、エノキ、しいたけを入れてぐつぐつと煮込みます。

上記は自分で撮った写真ですが、ものすごく旨そうに撮れていますね。食べる前に撮影したので、気合が乗り移ったかのようです。

さて、肉が煮えるのを待ちながら、卵を軽く混ぜ、頃合いになりましたら、佐賀牛を卵に浸しながらをいただきます。

「ズル・・・」

旨い!!ものすごいうまみです。食感はとろけるというより、弾力のある「肉を喰らってます」のような肉々しさを感じます。でも、決して硬いわけではなく、歯を立てるとふんわりほぐれていく不思議食感です。

ちょっと佐賀牛が口に残った状態で、ビールジョッキをあおります。「ぐっ、ぐっ、ぐっ・・ぷはーー」旨い・・旨過ぎます。

脂の甘さと卵が一体になることでコクが強く、ビールがどんどん進みます。その脂と絡み、クタッとした野菜もこれまたおいしい。途中、ビールから白米に切り替えて、家族一同大変おいしくいただくことが出来ました。

娘は生卵が苦手なため、卵をつけず食べていましたが、それでも相当おいしかったようです。

■すき焼きの残り物

節税サラリーマンは、いつも弁当持参で会社に出勤しています。翌日は、すき焼きの乗り物をお弁当箱に詰めて会社に向かいました。

お昼になり、お弁当を食べたのですが、昨日食べたすき焼きよりおいしいのです。卵が無いことで、よりダイレクトに佐賀牛の旨さを感じることが出来ました。

これは、ちょっと発見でした、次回は卵なし、薄味で、すき焼き作ってみようと思います。そういえば、そんな話が漫画「美味しんぼ」にもあった気がします。

■まとめ

いかがだったでしょうか?

「さとふる」の人気ナンバーワン返礼品、佐賀県嬉野市より「佐賀牛の切り落とし」をいただき、おいしくすき焼きをいただきました。

さすが「さとふる」人気ナンバーワンがうなずける、コスパと、味でした
気になる方は、下記リンク先より、詳細ご確認いただければと思います。

佐賀県嬉野市より「佐賀牛の切り落とし」

■関連情報

「ふるさと納税」ポータルサイトは、最近急速に増えておりますが、下記は節税サラリーマンがお薦めするサイトです

さとふる

ふるさとチョイス

皆さんも「ふるさと納税」サイトを利用して、「ふるさと納税」をしてみてください。

どのくらい寄付できるのかが不安という方は、まずは「税金控除シミュレーション」を利用して、皆様の寄付上限を確認してみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です