ビジネスリュック探しの旅②モンベル(mont-bell)、トライパック30

こんにちは、節税サラリーマンです。

突然ですが、皆さんはどのようなビジネスバックご利用でしょうか?

節税サラリーマンは、手持ち、肩掛け、リュックの3つの持ち方が出来る3WAYバックを使っています。

今回、アウトドアブランドのビジネスリュックを買おうと思い、ブランドショップを回って来ました。2軒目は、モンベル(mont-bell)です。

アイキャッチ出展元:モンベル(mont-bell)

節税サラリーマンはモンベル製品をいくつか保有しており、その性能にかなり満足しています。

コロラドコート

 

 

ロングテイル トレッキングアンブレラ

モンベル(mont-bell)ブランド概要

モンベル(mont-bell)

1975年日本人が設立したアウトドアブランド。

“Function is Beauty(機能美)”と“Light & Fast(軽量と迅速)”をコンセプトに登山用品、アウトドア用品(ウェア、ギア)を製造、販売している。

小売店での取り扱いがほとんど無く、直営店展開を続けているため、モンベル商品が欲しい人はモンベルストア(実店舗)へ行くか、オンラインストアでの購入となります。

海外ブランドと比較して、全体的に安価なメーカー希望小売価格設定となっています。これは、海外ブランドが、日本市場に向けて高い価格付けをしていること、為替リスクを考えて、少し余裕を持って(高く)値付けをしていることも理由と思います。

また、モンベルは小売店での評判があまりよくありません。これは、同社のブランド戦略から、安価なメーカー希望小売価格設定、小売店への仕切り率高めになっているからだと思います。

小売店にとっては、モンベル製品を売っても利益が少ないため、より利益を取りやすい海外ブランド中心の品揃えを行います。その海外ブランドを売るためにモンベル製品のマイナスイメージの啓蒙となるのでしょう。

モンベルストア 新宿

立地は新宿南口から歩いて3分ほど、代々木駅方面に向かう通り沿いにあります。入店しても特に声掛けしない方針のようですので、バッグコーナーを探し、いくつか手にとって見ました。

ビジネス用途のリュックとなると、アウルパック、トライパック30あたりになります。アウルパックは容量が20Lと少なく、節税サラリーマンには検討外となります。

アウルパック

 

出展元:モンベル(mont-belll)

 

トライパック30が節税サラリーマンとってベストでしたので、こちらに関して調べました。

トライパック30

出展元:モンベル(mont-belll)

 

 

モンベルでのこちらの商品の位置づけは、トラベルバックです。リュックサックでも、ビジネスバックでもないようです。

外観

バックの形は長方形のブリーフケースタイプです。トラベルバックですので、キャリーバッグと同じような形といったほうがよいかもしれません。

※お詫び
光の加減で、写真の色がかなり薄くなっておりますが、実物はしっかりした黒です。他の写真を見比べていただければと思います。

色は黒、ネイビー、カーキグリーンの3色展開、ビジネス用途だと、黒一択でしょうね。こちらのバックは、手持ち、肩掛け、リュックの3wayで利用できます。

出展元:モンベル(mont-bel)

そのため、リュックのハーネスを分離、しまうことが出来ます。

半光沢の生地はバリテックスウルトラナイロン、耐久性、耐水性に優れていますが、防水ファスナーではありませんので、バック内への水濡れ可能性が少しあります。

内部構造

トラベルバックですので、バック全体がガバっと開き、スーツケースやキャリーケースのような開き方になります。

出展元;モンベル(mont-bell)

バッグを開くと、スーツケースと同じように、荷物を固定するベルトがついているのは面白いですね。

もちろんPCを保管するポケットも装備されています。

 

欠点

全体を確認して、気になる点がありました。

ビジネス用途ですと、書類を入れる場所、お弁当と水筒を入れる場所等をしっかり確保したいのですが、この構造ですと、バッグの中がぐちゃぐちゃになってしまうかもしれませんね。

また、営業先でスーツケースのようなバッグの開き方は難しく、この点運用を考えなくてはなりませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

大量の荷物を持ち運ぶ方にはお薦めできるバックだと思います。日常的にたくさんの書類や機材を運ぶ方、会社帰りにスポーツジム等に寄る方には最適だとおもいます。

良い点

・メインで荷物を保管するスペースがひとつのため、カタログスペック(30L)通りの量の荷物を保管できること。

・リュックのハーネスをしまうことが出来る。

気になる方は、下記よりご確認ください。

実質無料で入手する方法

ふるさと納税」の返礼品でモンベルクラブ・メンバーズポイントと交換できるため、「ふるさと納税」でバックと交換するのもひとつの手段でしょうか?

補足

節税サラリーマンが気になるカタログスペック情報

サイズ:タテ50cmxヨコ33cmxマチ20cm

重量:907g

容量:30リットル

 

2018/1/16追記

ついにバックを買いました。

【2018年版ビジネスリュック】アウトドアショップを8軒回り、買いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です