ビジネスリュック探しの旅④ホグロフス(Haglofs、イッテQ 登山部 角谷氏をサポート)KATLA25

こんにちは、節税サラリーマンです。

突然ですが、皆さんはどのようなビジネスバックご利用でしょうか?

節税サラリーマンは、手持ち、肩掛け、リュックの3つの持ち方が出来る3WAYバックを使っています。

今回、アウトドアブランドのビジネスリュックを買おうと思い、ブランドショップを回って来ました。4軒目は、ホグロフス(Haglofs)です。

アイキャッチ出展元:ホグロフス(Haglofs)

ホグロフス(Haglofs)ブランド概要

ホグロフス(Haglofs)

1914年創業、1916年設立。

スウェーデンのアウドドア用品メーカー。バックパック、衣料品等を製造しています。ブランド名は創業者であるヴィクトル・ホグロフに由来します。最近アシックスに買収されました。

あまり知られてはいませんが、「イッテQ 登山部」リーダーで知られている、国際山岳ガイド 角谷 道弘氏をサポートしております。

ホグロフス(Haglofs) 原宿

立地は明治通り沿い、原宿と、渋谷のちょうど中間、やや原宿よりのエリアにあります。次回ご紹介予定のアークテリクス(Arc'teryx)原宿ブランドストアの隣にありますので、こちらを目印に訪問されると見つけやすいかもしれません。

店舗は「うなぎの寝床」のように間口は狭いですが、奥に入るにしたがって、広がりが出てくる構造です。

入店し、ビジネス用途でリュックを探していることを伝えると、かなりセクシー系な店員さんからKATLA 25を紹介いただきました。

 

 

KATLA 25

概要

ウエストベルト、チェストベルト双方を締めた場合のホールド感はきつすぎず、緩すぎずちょうどよい印象です。自転車通勤される方には最適だと思います。

後日紹介の「ノースフェイス(THE NORTH FACE)シャトルデイパック(ShuttleDaypack)」とは違う方面でのおしゃれ感のある製品です。

ビジネスリュック探しの旅⑤ノースフェイス(THE NORTH FACE)、シャトルデイパック(ShuttleDaypack)

シャトルデイパック(ShuttleDaypack)がビジネス用途でおしゃれなら、KATLA 25はもう少しアウトドアよりでおしゃれというところでしょうか?

ロゴもかっこいいですよね。

外観

 

出展元:ホグロフス(Haglofs)

リュックの形は縦長タイプで、登山向けに近いです。

生地は半艶で非常に高級感があります。

色は、ブルー、ブラック、パープルの3色展開ですが、節税サラリーマンが実物を見たところ、ブルーはかなり明るめ、ブラックではなくグレー、パープルではなく明るめネイビーブルーの印象です。

人気の色を聞いたところ、ブラックが一番売れていて、パープルはその半分、ブルーは更にその半分のようです。

メイン収納の上部は巾着型になっており、その上を雨蓋がしっかり覆います。

その上、素材はターポリンですので、防水性能は折り紙付きです。

内部構造

雨蓋を開き、一番背面側の収納はPCの保管用になります。巾着型のメイン収納とは別になっており、ファスナーを開けること出し入れ可能です。

若干クッションは弱い印象ですが、スペースは余裕を持って作られているため、少量の書類であれば一緒に保管が出来そうです。

巾着部分のメイン収納は、なんの仕切りもなく、大きなスペースがあるだけになります。

こちら好みの分かれるところではありますが、ビジネス用途で荷物の持ち運びは少なく、ジムや、ランニング用品を持ち運ぶような方には非常にマッチすると思います。

欠点

メイン収納が大きく取られていることから、PCの補完スペースを除けば、サイドポケットがあるだけです。

スマートフォン、貴重品はサイドポケットに保管するとして、PCの電源ケーブル、モバイルバッテリーなどの保管場所はバックinバックを導入するなど少し考える必要がありそうです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

大きめの荷物をよく運ぶ方、自転車通勤の方、会社帰りにジムに通われる方には最適なバッグだと思います。

最近アシックスに買収されたこともあり、今後の展開も期待できると思います。

良い点

メイン収納が非常に大きい

防水性能が素晴らしい

ベルトを締めた安定感がよく、自転車通勤に最適

 

ご興味ある方は、下記よりご参照いただければと思います。

補足

節税サラリーマンが気になるカタログスペック情報

サイズ:タテ50cmxヨコ33cmxマチ20cm

重量:1,020g

容量:25リットル

 

同じデザインで35リットルの商品(KATRA 35)もラインナップされています。

こちらの場合、以下のカタログスペックとなります。

サイズ:タテ52「cmxヨコ31cmxマチ29cm

重量:950g

容量:35リットル

 

 

※容量の大きいほうが軽いようです。公式サイトでも確認しましたが、上記通りの表記となっておりました。

 

2018/1/16追記

ついにバックを買いました。

【2018年版ビジネスリュック】アウトドアショップを8軒回り、買いました。

2 Comments

まんたろう

こんにちは。リュック好きなもので色んなブログでのレビューを楽しんでいる通りすがりのものです。
さて、ホグロフスのブランドストアでKATLAを勧められれたとのことですが、CORKERは勧められなかったのでしょうか?
ビジネス用途でトップローディングタイプは使いづらいと思いますので、ちょっと違和感を感じました。
CORKERはちょっとユニークなデザインでいつも心にひっかかるモデルです。
ちなみに私はグレゴリーのカバートミッションデイ、ボーダー35、ミステリーランチのアーバンアサルトを使いまわしています。

節税サラリーマン

コメントありがとうございます。
私の希望が25L程度の容量が欲しいと伝えたので、CORKERは紹介の対象外になったのだと思います。

私のグレゴリーのカバートソリッドデイは、使い始めて3か月位になりますが、納得の背負い心地で満足度高いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です