ビジネスリュック探しの旅⑤ノースフェイス(THE NORTH FACE)、シャトルデイパック(ShuttleDaypack) | IT営業マンだけど、投資やっています。 えいとう

ビジネスリュック探しの旅⑤ノースフェイス(THE NORTH FACE)、シャトルデイパック(ShuttleDaypack)

こんにちは、節税サラリーマンです。

突然ですが、皆さんはどのようなビジネスバックご利用でしょうか?

節税サラリーマンは、手持ち、肩掛け、リュックの3つの持ち方が出来る3WAYバックを使っています。

今回、アウトドアブランドのビジネスリュックを買おうと思い、ブランドショップを回って来ました。5軒目は、ノースフェイス(THE  NORTH FACE)です。

アイキャッチ出展元:ノースフェイス(THE NORTH FACE)

ノースフェイス(THE NORTH FACE)ブランド概要

ノースフェイス(THE NORTH FACE)

1966年に米国で創業され、レッキング、ランニング、スキー、スノーボードなどのアクティビティから、トラベル、キャンプまで、あらゆるシーンに適したアイテムを製造、販売しています。

直営店のみならず、登山用品、おしゃれ寄りのアウトドアショップから、あらゆる量販店で商品を見かけます。

日本では、三浦 雄一郎氏のエベレスト登山をサポートしたことでも知られています。

登山用品というより、街中での普段着、音楽フェスでの利用ニーズが高く、局所的な流行をネガティブなイメージでいじられることが多いですが、それも人気の高さのゆえと思います。

節税サラリーマンが一時期、キャンプ&バーベキューにハマっていた頃、マウンテンパーカーを保有しており、防寒性、雨、風に対する強さを実感しております。

THE NORTH FACE 原宿店

立地は、地下鉄明治神宮前駅の直上、原宿駅から歩いて5分ほどのファッションブランドが並ぶ明治通り沿いにあります。

今回の「ビジネスリュック探しの旅」では、すべて直営店を訪問しました。平日昼間に、仕事の休憩時間を利用しての訪問、立地がよいこともあると思いますが、ノースフェイス(THE NORTH FACE)の混雑具合は圧倒的でした。

店員さんをやっとのことで捕まえて、ビジネス向きのリュックを紹介してもらったところ、シャトルデイパック(ShuttleDaypack)を紹介いただきました。

そのほかの商品もご紹介いただきましたが、シャトルデイパック(ShuttleDaypack)よりも魅力的な商品はありませんでした。

店員さんからも、「一通りご紹介しましたが、圧倒的にシャトルデイパック(ShuttleDaypack)が売れている。」と伺いました。

 

 

シャトルデイパック(ShuttleDaypack)

概要

見た目(デザイン、色)、機能性、サイズから、通勤用途でのビジネスリュックとしては最適だと思います。

学生から社会人まで、電車内、街中で使っている方を度々見かけます。比率で言うと、若手サラリーマンの利用者が最も多い印象です。

外観

リュックの形は長方形のブリーフケースタイプです。そのため、ビジネス用途でも違和感なく使用できるデザインです。

色は明るめのグレー、カーキ、黒の3色展開。人気は黒に集中してますが、男性にはグレーが、女性にはカーキが細々売れているようです。

感心したのは、上部の手持ちが二つに分かれており、その中央をファスナーが通る設計のため、上部の手持ちで保持した場合、非常に安定感があります。グラブハンドルという名前です。

 

出展元:ノースフェイス(THE NORTH FACE)

背面にはキャリーバックに固定するためのスリットも付いています。

出展元:ノースフェイス(THE NORTH FACE)

素材はコーデュラナイロン(1050デニール)でマットな高級感がある上、控えめなロゴマークとあいまって、バランスよくまとまっている印象です。

内部構造

大きく4つの収納がついています。

PC、タブレット保管用

一番背面側の収納は、パソコン、タブレットメインの保管用途になります。若干余裕を持って作られているため、書類も保管が出来、仕事関係はこちらのポケットで完結できそうです。

写真では上手く撮影できませんでしたが、PC、タブレット、書類それぞれのアイコンがプリントされており、どこに何をしまうべきかを示しています。このアイコンがあるとめちゃくちゃおしゃれな感じがします。

メインコンパートメント

中央にある収納は、1泊出張の際の着替えなどを保管するのに最適な空間です。

節税サラリーマンが使用する場合、ここにはバックinバックや、折りたたみ傘(モンベル ロングテイル トレッキングアンブレラ弁当箱、水筒などを保管することになるでしょう。

上記でご紹介のグラブハンドルは、このファスナーをまたいで掴む仕様です。

セカンドポケット

一番外側の収納は、上下に半分ずつくらいの2つに分かれています。

上部の収納をあけると、ジッパーつきメッシュポケットとスマートフォン用ポケットがあります。

メッシュポケットには財布などの貴重品を、スマートフォンは専用ポケットに収まります。キークリップも付属していますので、オフィスの鍵の保管に最適です。

画像を見ていただくとわかるのですが、このポケットの内部もめちゃくちゃおしゃれです。

下部の収納はほどよく仕切られておりますので、貴重品やスマートフォンほど頻繁に取りださないアクセサリ類、具体的にはPCの電源ケーブル、WiFiルータ、モバイルバッテリーなどの保管に最適な空間です。

欠点

全体的に非常にまとまっているためか、細かな点が気になります。

①ハーネスにチェストストラップがついていない。

このチェストストラップ、あるのとないのとでは安定感がまるで違います。

こちら節税サラリーマンが現在使用しているバッグの画像です。

 

特に重い荷物を持つときにチェストストラップを使うことで、荷物を少し軽く感じるほどです。

とはいえ、シャトルデイパック(ShuttleDaypack)で重い荷物を持たないのであれば、チェストストラップが無いことでの不自由はないと思います。

※チェストストラップは数百円で買えますので、こちらを購入すれば欠点はなくなります。

 

②防水機能がない

表面のナイロン素材には防水加工が無く、ファスナーに関しても止水ジッパーになっておらず、防水機能はほとんど期待できません。今後期待したいところです。

③ファスナーにタブがついていない

タブとは、ファスナーの金具のところについている、ちょっとした皮素材や布地のことです。

このタブがあることで、雨にぬれたときや、手がかんじかんでいるときなどもファスナーの開け閉めが容易になります。

※ファスナータブは百円程度で買えますので、こちらを購入すれば欠点はなくなります。

 

 

①と③の欠点に関しては、1,000円程度で解決できるため、実質的な欠点はひとつだけになりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

持ち運ぶ荷物がそれほど多くない、または、荷物は多いが洋服など軽いものが中心の方には、非常にマッチするバックだと思います。

シャトルデイパック(ShuttleDaypack)は、ノースフェイス(THE NORTH FACE)の潤沢な資金と、非常に強力なマーケティング力を遺憾なく発揮、毎年のようにリニューアルを続けるすばらしい商品だと思います。

今回実際に商品に触れてみて、人気の理由をよく理解できました。

良い点

おしゃれなデザイン(外部、内部とも)

PCとタブレットを同時保管、仕事用の書類まで1箇所にまとめて収納可能

ご興味ある方は、下記よりご参照いただければと思います。

 

 

補足

節税サラリーマンが気になるカタログスペック情報

サイズ:タテ46cmxヨコ29cmxマチ14cm

重量:990g

容量:25リットル

 

2018/1/16追記

ついにバックを買いました。

【2018年版ビジネスリュック】アウトドアショップを8軒回り、買いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です